仮想通貨(暗号資産)NEWS

暗号資産って結局どんな投資な訳?株式投資との違いを徹底解説!

暗号資産 株式投資 どう違うの?

こんにちは。禅のロブロイです。

将来のために投資を始めたいけど【何から手を付けたらいいかわからない。】そんな人も多いのではないかと感じます。

最近なんとなくビットコインや仮想通貨、暗号資産など聞いたことがあって始めてみたいけれど、単語もよくわからないしなんだか難しそうと諦めてしまっていませんか?

今回は、それぞれの単語の意味や違いを初心者にもわかりやすく解説し、暗号資産投資のはじめ方までレクチャーしていきます!

そもそも暗号資産の投資は投機と呼ばれる事もあるので、その辺りも含めてしっかりと理解しておく事は重要なのかもしれません。

coincheckの公式ページへ

暗号資産とは

まずここで大前提なのですが、暗号資産=仮想通貨です。暗号資産や仮想通貨と聞くと、初心者の方にはなんだか別のものであるかのように思われてしまいますが、名称の変更が行われただけですので、同じ意味ですので気を付けるようにしてください。

仮想通貨と暗号資産は名前が違うだけ

さて、前提を抑えたところで暗号資産(仮想通貨)とは、日本銀行によると、「暗号資産(仮想通貨)」とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

また暗号資産の種類にはビットコインなども含まれ、インターネット上での取引などに使用されています。また暗号資産は日本円やドルなどの既存の通貨と交換することができ、決済時に利用したり送金したりすることが可能です。

ただし、暗号資産、仮想通貨という名前の通り、それ自体が何か実物として使えるわけではないので注意が必要です。

取引をする前に知っておきたい、仮想通貨・暗号資産とは?
取引をする前に知っておきたい、仮想通貨・暗号資産とは?仮想通貨と暗号資産と言うのは、どう違うのか?と言う疑問について回答しています。知っている方も多いかもしれませんが、急に出てきた暗号資産と言う呼び方がどういったものなのかをしっかりと知っておくと、今後便利かもしれません。...

詳しくは別記事でも解説しているので、そちらも参考にされてみてください。

暗号資産の種類は?

暗号資産(仮想通貨)と聞くとすぐにビットコイン!と浮かぶ方も多いかもしれません。ですが、実は暗号資産にはそれ以外にもいろいろな種類があるんです。実に合計2100種類以上。ここではその中でも有名な暗号資産の種類とそれぞれの特徴を、時価総額ランキング順に解説していきます。

暗号資産んは種類が多い!

ビットコイン

ビットコインは言わずもがなでしょう。一時期ニュースでもよく聞いた単語でしょう。

通貨名はBTCで、時価総額ランキング第一位です。日本ではビッグカメラやDMMBitcoinで導入されています。

ビットコイン(BITCOIN)仕組み儲け方
ビットコインの仕組みとは?どう始めればいいのか気になって眠れない仮想通貨・暗号資産と言えばビットコイン(BITCOIN)と言っても過言ではありません。そんなビットコインの仕組みや儲け方、取引所について少し調べてみました。やっぱり暗号資産の始祖と言えるビットコインの影響力は大きなものがあるのが改めてわかります。...

ビットコインの詳しい解説は別記事で行っているので、もっと知りたい方はそちらも一緒にご覧ください。

リップル

こちらは国際送金を安く・速くすることを目的に作られた通貨で、通貨名はXRPです。

最大の特徴は、通貨をリップル社が管理しており、ブロックチェーンを利用していないということです。ちなみにブロックチェーンとはコンピューターに取引情報をブロックという単位でまとめて記録し、同じブロック情報を分けて管理する方法のことです。

こうすることでリスク分散ができ、データの管理者がいなくてもデータをお互いに持って監視しあうのでので、書き換えられたりする心配が少なく、またシステムダウンしにくくなります。

リップルって知ってる?
リップル(XRP)の仕組みとは?3つの儲かる理由と始め方を徹底解説!仮想通貨や暗号資産と言えば「アルトコイン」がある事をしっかりと知っておきましょう。その中でも期待が出来るのが「リップル(XRP)」です。 将来性が期待されているので、どのようなものかをしっかりと知っておく事が利益に繋がるのかもしれません。...

リップルに関しての詳しい解説については上記で詳しく行っていますので、興味のある方はご一緒にどうぞ。

イーサリアム

イーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクトです。スマートコントラクトとは、ある契約や取引について、条件が満たされた場合に自動でそれを実行してくれるプログラムのことです。

イーサリアムについて知っておこう
気になる暗号資産coinと言えばイーサリアム(Ethereum)!イーサリアム(Ethereum)と言えばビットコインと並ぶメジャーな暗号資産ですが、どういったものなのかを知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。今回は儲け方、仕組みなどを調べています。...

あくまでも簡単になので、詳しい解説などは別記事で行っています。全てのcoinに特性があると言う事を頭に入れておきましょう。

暗号資産メリット

暗号資産はここ10年で登場したものでまだまだ馴染みがなくなかなか手を出せずにいる人も多いでしょう。そこで次に暗号資産のメリットについて解説していきます。

暗号資産投資のメリット

もちろんこれは、株式投資と比べてと言う事でもあるので、その辺りも含めて簡単に見ていく事も重要です。どう違うのかを頭の片隅に入れておかなければ判断する事もできません。

いつでも取引可能

先ず一つ目は、24時間365日いつでも取引可能だということです。例えば、株市域投資は平日の9~15時、FXは平日のみしか利用することができません。それと比較して、暗号資産の場合はいつでも好きな時に取引を行うことができます。

直接取引が可能

暗号資産のメリットの二つ目はスピーディーな取引が可能だということです。金融機関を通さないため、24時間365日いつでも送金や決算を行うことができます。また手数料が安い(無料の場合もある)ため、気軽に海外に送金することができます。

暗号資産のデメリット

メリットがあればデメリットと言うものが存在します。

暗号資産投資のデメリット

投資なので、当然と言えば当然なのですが、デメリットについては直接自分に当てはまってしまう事もあるので、最低でもどういったデメリットがあるのかだけは頭に入れておいた方がいいでしょう。

ネットがないと使えない

暗号資産というのはそもそもネット上に存在するものなのでインターネットに接続できない環境にいる場合や、スマートフォンの充電がないときには取引や決済することができません。

株式投資と違う点としてはここです。店頭取扱いが無いので、ネット環境が非常に重要になってきます。

税金が高め

二つ目は、税金が他の投資の場合より高くなることが挙げられます。株式投資やFX投資の利益は一律で約20%ですが、仮想通貨は雑所得として累進課税がしかれるため15~55%になってしまいます。

ハッキングなどのリスクがある

三つめは、暗号資産にはハッキングや流出などのリスクがあることが挙げられます。

もし仮にサイバー攻撃などによって自分のコンピューターやスマートフォンから機密情報が漏れてしまったら、保有する全財産を失うリスクもあります。これは法定通貨のように中央管理者が存在しないためで、すべてが自己責任になってしまいますので注意が必要です。

株式投資とは

さて次に株式投資について説明していきます。株式投資とは簡単に言うと、各株式会社が発行する株式を売買して、配当金や売買の時の差額などの利益を得ることです。

暗号資産と比較 株式投資とは?

そもそも株とは会社が事業のためのお金を集める手段として発行する証明書のようなものです。株を購入した人はその会社に対して資金提供したことになるので、株主と呼ばれ、会社経営のオーナーの一員となることができます。

株式投資のメリット

暗号資産がそうだったように、株式投資には株式投資のメリットがあります。その点をしっかりと踏まえて状況によって使い分けて投資をしていくのが一番良いのは事実ですが、はっきり言って最初からそういった投資を狙うと難しくて失敗してしまいがちです。

株式投資のメリット

最初はどちらかに絞って考えてみてもいいのかもしれません。

キャピタルゲイン

株式投資のメリットの一つ目は、購入した株式の株価が上がることにより、購入時よりも高く売ることができた場合、キャピタルゲインという値上がり分の利益を得られる点です。

しかし購入時よりも株価が下落してしまった場合にはキャピタルロスが生じてしまいます。

配当金

配当金とは、株式を購入した会社の企業活動によって生まれた利益の一部が、株主に還ってくる仕組みのことです。毎回一定の額というわけではなく、その期の企業の業績によって増減があります。

株主優待

株主優待というのは、企業が株主に対して、その人の持ち株数に応じて、自社の製品や優待券などを贈ることを言います。ただし株主全員がもらえるわけではなく、一定の期間株式を持ち続けた人だけが対象になる企業もあるので注意が必要です。

株式投資のデメリット

暗号資産投資の際もお話しましたが、メリットがあればデメリットがあるのも当然です。

暗号資産と比べる株式投資のデメリット

それは株式投資も同じなので、その点については覚えておかなくてはならないでしょう。ですが、株式投資はデメリットは極めて少ない【安定性】がある投資とも言えます。

逆に、そこまで大きく値が上がる訳ではないので、その点は覚えておかなくてはならない事ですね。

元割れのリスクがある

株式投資のデメリットは元本保証がないことです。これはどういうことかというと、株式を購入することで得られるはずの利益が、投資した金額以下になってしまったとしてもそれは自己責任になってしまうということです。

いくら株価を予想したり、企業に関しての知識があったりしたとしても、すべてが予測通りにはいかないためリスクを覚悟する必要があります。

どの投資でも言える事ではあるのですが、逆に「元本保証」と言われている投資は怪しいとも言えるので、気を付けておく事がおすすめです。

coincheckの公式ページへ

暗号資産投資についておさらい

さて、これまで、暗号資産・株式投資について説明してきましたが、次は暗号資産投資やその初め方について解説していきます。

暗号資産投資についてのおさらい

投資初心者にとって、暗号資産投資というと、今まであまり聞いたことがない分ハードルが高く感じられるかもしれません。ですが意外にも、暗号投資資産は500円ほどの少額から始めることも可能で、最初の一歩は踏み出しやすい設定です。

初心者でいきなり数十万、数百万円単位で投資するのは気が引けてしまうでしょう。しかし暗号投資資産なら少額から始めて様子を見て買い足すことが可能ですし、複数の通貨に投資することでリスクを分散させることも可能です。この点は株式投資とよく似ていますね。

coincheckの公式ページへ

初心者が暗号資産投資をするときの注意点

初心者の方が暗号資産投資をする際に注意するべき点が2つあります。

知ってるだけでリスク回避が出来るかと言われると可能性としては少ないかもしれませんが、知らなければ絶対に回避する事は不可能なので、頭に入れておきましょう。

  • 分散させてリスクを減らす
  • レバレッジ取引は行わない
  • 値段が動いている時は購入売却は我慢!

分散化

まず、暗号資産を購入する際には分散購入をして、リスク配分に気をつけるようにしましょう。

例えば、ビットコイン一つだけに投資するのではなく、リップル、イーサリアム、などにも投資するなどして、投資先を分散させるようにしましょう。また暗号資産内だけでなく、株式投資など、他の投資方法にも分散させるとより安全でしょう。

レバレッジ取引はしない

通常は自分の保有分しか取引できないのですが、このレバレッジ取引の場合は、自分の資金以上の暗号資産を購入出来てしまうのです。

レバレッジ取引というのは、元手を担保にして、何倍もの取引を行うことです。大きな利益も見込める分、失敗したときの損失も大きくなってしまいます。

なので、初心者の場合は、現物取引であまりハイリスクな行為はしないようにしましょう。

値段が乱高下している時は購入・売却を控える

暗号資産は、株や為替市場などと比較して相場が変動しやすいという特徴があります。これは暗号資産がまだまだ新しくユーザー間でも、暗号資産の価値の共通認識がなされていないからです。

変動が大きいということは、初心者でも儲かる可能性が十分にあることを意味しますが、反対にリスクも大きくなります。そのため、特に初心者にとっては、値段が大きく動いている際には購入を控えた方が安全と言えます。

株式投資と暗号資産投資どっちがおすすめ?

さてこれまで株式投資と暗号資産投資の違いについて解説してきましたが、結局どっちがいいのか疑問に感じたのではないかと思います。

結論としては、時間に縛られず好きな時に投資をしたいという人には暗号資産投資がおすすめです!また小額から投資を始めてみたいという人にもおすすめできます。

一方で、株主優待券が欲しい場合や、大きな額を投資して税金面のことを考慮する場合には株式投資がおすすめです!

どちらにもメリットとデメリットになり得る部分は存在するので、どちらが自分に合うのかをしっかりと考えて取引をしていく事を考えてみるのがいいでしょう。

さて次に暗号資産投資を始めてみたい!と思った方向けに、暗号資産投資の始め方について紹介します。

今回はビットコインを例に、初心者が暗号資産投資を始めるための手順について紹介していきます。

ビットコインは上限あり?

まず始めに基礎知識なのですが、上でも説明したようにビットコインは法定通貨(円やドルなど)と違い、国や銀行などの中央管理者が存在しません。法定通貨では中央管理者によって、通貨の価値が保たれていますが、ビットコインの場合には、制限がなければ当事者間で無限に発行することができてしまいます。

ですがそうしてしまうとビットコインが余り、価値が低下してしまうために、上限として2100万枚しか発行できないというように決まっています。

ビットコインの始め方

口座開設の準備

まず始めに口座開設が必要のため、口座開設に必要な書類を準備しましょう。

  • 銀行口座
  • 仮想通貨を購入するための現金
  • 仮想通貨を取引するためのスマートフォンもしくはパソコン
  • 本人確認書類

本人確認書類

アカウント登録、口座を開設する為には本人確認書類の提出が必要になるので、こちらも準備をしておいた方がいいですね。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

上記のものが必要になります。

投資関連の口座を開設する場合には必ず必要になるものでもあるので、スムーズに口座開設をしたい場合は、準備しておいた方がいいでしょう。

①暗号資産取引所で口座を開設する

暗号資産取引所でのアカウント登録・口座開設方法の流れを簡単に解説させていただきます。

別記事で詳しく解説しているので、興味のある方はそちらもご一緒にご覧ください。

コインチェック 口座開設 アカウント登録方法
これがコインチェック(coincheck)アカウント登録・口座開設方法だ!仮想通貨・暗号資産取引所と言えば、coincheck(coincheck)の名前が挙がるかと思うのですが、登録方法は思ったよりも簡単です。暗号資産取引に興味のある方は是非ごらんください。始めてみるには取引所は持ってこいです。...

暗号資産取引所「コインチェック」でのアカウント開設方法になっていますが、詳しく解説しているので、興味のある方はご一緒にご覧ください。

  • 仮想通貨取引所の新規登録フォームからメールアドレスを登録する
  • 電話番号を入力しSMS認証をする
  • 入力したメールアドレスに届いたメールから本登録する
  • 本登録の際に個人情報や本人確認書類を提出する
  • しばらくして送られてくる住所確認のハガキを受け取る
  • 仮想通貨取引所の口座が開設完了

おおよそここまでで5営業日以内で準備を完了させることが可能となっています。

また、かんたん本人確認を利用するともっと早く利用開始をする事も可能なので、どうするべきかは公式サイトを一度見てから判断してもいいのかもしれませんね。

coincheckの公式ページへ

開設した取引口座に日本円を入金する

最後に、開設した取引口座に日本円を入金したら完成です。

入金方法は、銀行入金、コンビニ入金、クイック入金がありますが、入金方法によって手数料が異なるので確認するようにしてください。

入金方法に関しては、別記事で詳しく解説しておりますので、合わせてそちらも読まれるとより良いかと思います。

coincheck入金方法解説TOP
【手数料に違いが!?】コインチェック(coincheck)の入金方法を解説!どんな方法があるの?暗号資産・仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)で入金する際にどの様な方法があるのか?について解説しています。皆さんが想像しているよりも非常に簡単に入金までたどり着けるので、暗号資産取引に興味のある方は是非ご覧ください。...

コインチェックに絞って解説していますが、他の業者でも入金方法については、ほとんど同じです。

思ったよりも【取引所】は面倒では無く始めやすいのではないでしょうか。

口座を開設したらいよいよ取引開始!

ビットコインを購入する

さて、取引口座に入金できたら実際にビットコインを購入してみましょう。

ビットコインは販売所、もしくは取引所から購入することができます。

販売所では、暗号資産販売業者から直接暗号資産を購入して、個人と、暗号資産取引所の間で暗号資産の取引を行います。

一方で取引所では個人と個人で取引をします。つまり、暗号資産を売りたいユーザーと購入したいユーザー同士が、暗号資産取引所の仲介によって取引をすることができます。

ここで、基本的には取引所での取引をおすすめします。一番の違いは手数料なのですが、販売所の場合はスプレッド(業者に対しての手数料のようなもの)がかかってしまいます。

ただ、取引所での取引だと売買が成立しないケースもあるので注意が必要です。

利益が出た場合には暗号資産を売却する

さて、いよいよビットコインで利益が出た場合には、売却して日本円として出金しましょう。

20万円以上の利益が出た場合には、雑所得として確定申告が必要になりますので必ず税の申告はした方がいいです。

マイニングを除くと、取引では【日本円にした際に税が発生】するので、その点も注意しておくといいでしょう。

取引所の選び方〜おすすめはcoincheck

少額から投資を始めたい人に向けておすすめの暗号資産取引所が、コインチェック(coincheck)です。

coincheckは17種類と日本一取扱い通貨数が多いです。また、親会社は東証一部上場企業マネックスグループであるため、安心して取引することができます。入金手数料、取引手数料が無料なのも嬉しい点です。

coincheckの公式ページへ

まとめ

ハードルが高いように見えた暗号資産の投資も、このようにメリット・デメリット・取引手順などを見ていただくと、そんなに難しくないことがわかると思います。初心者の方も問題なく始めていただけるものですので、これらの記事を参考に是非一歩踏み出してみてください。

今回は、株式投資と比べてみましたが、FXやバイナリーオプションと言った投資とも比べてみると面白いかもしれません。

共通点も見つかるでしょうが、やはりメリットとデメリットには差が出来るので、違いをしっかりと理解した上で選択するのがいいでしょう。

  • 暗号資産投資と株式投資には違いがある
  • メリットとデメリットをしっかりと見極めて状況に応じた利用をしよう!
  • 似ている部分もあるので、株式にも暗号資産にも苦手意識を持たない方がいい!

株式投資、暗号資産投資の共通点として、やはりわかり難い、難しいと言った印象がある方が多いのではないかと感じます。

しかしながら、利用してみないとわからない事もありますし、しっかりと事前に知識を入れた方がいい部分と言うのもあるのです。

つまりは、苦手だからで敬遠するのは勿体ないのではないか?と言った印象があります。

もちろん、調べてみて自分に合わない、難しすぎると考えて利用しないと言うのも戦略ですので、否定はしませんが、【調べない】と言うのは論外だと感じます。

まずはアカウント登録をしてみてどういったシステムなのかを見てみるだけでも良いので、そこから知っていきましょう。

coincheckの公式ページへ

ABOUT ME
禅のロブロイ
仮想通貨・暗号資産のリスク観察隊長を自称しています。何度かの暗号資産バブルを経験。今では値動きする毎に一喜一憂する事無く、達観して価格変動を見る事が出来るようになりました。暗号資産は投資として考えると胃が痛い。
もう取引所でアカウント登録は済んでいますか?

暗号資産の取引所選びって、
どこがいいのか迷っていませんか?

日本国内で一番多い取扱暗号資産が多いのがcoincheck

積み立て、IEOなど様々な形で暗号資産を取り扱える

無料でアカウント登録可能

アカウント登録する

関連記事