仮想通貨(暗号資産)NEWS

新型コロナ問題は仮想通貨・暗号資産のマネタイズで切り抜ける

コロナ禍は暗号資産のマネタイズで切り抜ける

こんにちは。禅のロブロイです。

暗号資産・仮想通貨の投資は、最近でも下火にはならず大きな値動きをしています。

コロナ禍だからこそ、本職以外での副業に力を入れる方も増えているのが理由なのかもしれませんね。

特に日本の職業人口で最も多いと言われている、サラリーマンの方に在宅ワーク・リモートワークが取り入れられているのが大きな理由と言っていいでしょう。

そんな中で気になるのは、どうしたら暗号資産や仮想通貨でマネタイズが出来るか?です。

マネタイズの方法は多々あるので、どういった方法があるのかを知っておきましょう。

coincheckの公式ページへ

天災や人災での不景気は世界中で起こりがち

新型コロナ問題をきっかけとしてあらためて資産形成の重要性が再認識されるようになってきました。今回のような急激な経済情勢のダウンサイジングや、以前に発生したリーマンショックや東日本大震災、昨年からの新型コロナ感染症の影響で多くのかたが自分の収入源や雇用の危機に直面するような事態になると家計の苦しさや生活の不便さを痛感することも多くなるのではないでしょうか。

災害で不景気は起こりがち?

好きな銘柄を自分で楽しんで活用しながら、自分のお金の管理を楽しんでいけるのが株式投資やFX(外国為替証拠金取引)の大変大きな魅力です。

このような金融商品を普段の生活のなかで上手く活用することで、より確実に自分のお金を稼いでいくことができます。しかし、最近ではこれらに加え、仮想通貨という新たな分野にも多くのかたの人気が集まっています。

オンライン投資の最大のメリットはパソコンやスマートフォンを使って自分のお金を稼いでいくことでより充実した自分らしい時間を楽しんでいくことができるという点です。

オンラインテクノロジーでFX(外国為替証拠金取引)や株式投資、仮想通貨に投資をすることで、給与や賞与と異なる種類の収入を得ることができれば、マネーの点から人生をより豊かに自分らしく楽しんでいけます。普段から自分の投資を考えるうえで株式投資やFX(外国為替証拠金取引)を使っていくことは多くのかたにとっても当たり前の時代となっています。

しかし、資産運用には大きな興味があっても、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、仮想通貨のように多大なリスクを取るような金融商品を普段から扱っていると自分の大切な金融資産をときには大きく毀損する可能性や危険性も十分に考えられると言うのは覚えておかなくてはならない事でしょう。

ハイリスクハイリターンな商品でもそれらの良い点を組み合わせるポートフォリオアセットアロケーション理論という考え方をきちんと持つことで、普段から自分らしいお金の管理をきちんと理解しながら普段の生活のなかで、より効果的な投資を普段から自分でおこなっていくことができます。

今までポピュラーであった株式投資やFX(外国為替証拠金取引)とは別に人気が再燃し始めた仮想通貨など他の金融商品を上手く楽しんでいくことを考えていくことでより充実した時間を楽しんでいけます。

本書では普段の自分らしい生活をより円滑にするために必要な仮想通貨を中心に他の金融商品各種情報に関しても解説していきます。

普段の自分らしい生活をより円滑におこなっていくことを考えるうえで、多くの金融商品を普段からきちんと分析していきながら、より確実な投資を自分らしく楽しんでいくことを考えていかなければなりません。

以前から存在する株式投資やFXに加えて近年のインターネット技術の大幅な進展に伴い、仮想通貨の分野も多くの個人投資家から人気を集めています。新型コロナ感染症問題が今後もますます進展していくなかで、仮想通貨の人気はますます加熱していくことは間違いありません。

適切なリスクヘッジや安定した収益を得るには、国内だけではなく外国の商品にまできちんと目を向けることでより確実な投資を自分らしく楽しんでいくことが可能となります。

為替や金利、マクロ経済学など、学習していかなければならない要因はたくさんありますが、普段からそのような点を十分に理解して最適な自分らしい投資をすることを真剣に考えてみてはいかがでしょうか。では早速確認していきましょう。

出来る事なら投資をする場合は、リスクヘッジも考えて生活の余剰金での投資を考える必要があるでしょう。

仮想通貨とはなにかを再確認しよう

仮想通貨とはそもそも一体どのような金融商品のことをいうのでしょうか。通貨というと円やドルなど国家が管理運営し、普段の生活やビジネスの現場において使用されているものであるという認識が一般的な解釈です。

仮想通貨・暗号資産ってなんだろう?

株式投資やFXなどの金融商品がインターネット技術の大幅な進展に伴って、個人投資家でも容易に手掛けることができるようになり、また手数料などのコスト削減効果もあいあってますます、一般の個人投資家に身近になってきました。最近では、新たな投資手法として、仮想通貨に積極的にアプローチしているかたも多いのではないでしょうか。

仮想通貨・暗号資産は他の法定通貨とは異なり、電子データのみでやりとりされる通貨であり、法定通貨のように国家による強制通用力(金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、主にインターネット上での取引などに用いられるのが大きな特徴です。

別名デジタル通貨(digital currency)とも呼ばれています。2009年に運用が開始されたビットコイン(bitcoin)をきっかけとして、アルトコイン(altcoin)と呼ばれる派生の仮想通貨も次々と誕生し、法定通貨と仮想通貨を交換する仮想通貨交換業者の出現で、ますます仮想通貨の保有が急速に広がりました。

名前は聞いたことがあるけれども具体的にまだあまり知られていない仮想通貨の種類にはどのような種類の商品があるのでしょうか。主な仮想通貨にはビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、NEM、イーサリアムクラシック、LISKなどが存在しています。仮想通貨まだ黎明期でありながらもその数や中身は年々増加傾向にあるようです。

まだ未知の分野で、リスクや収益性などなにかと不透明な要因が多いように思われる仮想通貨ですが、仮想通貨とは一体どのような金融商品なのでしょうか。ここからはまずは仮想通貨の仕組みを簡単に解説してきます。

暗号資産の仕組みと特徴を簡単に

仮想通貨は通常の法定通貨とは異なり、管理するための国家や中央銀行のような組織が存在しない場合が多いのがまずは特徴です。

主に仮想通貨を扱うユーザー相互間のピア・トゥー・ピア(P2P:Peer to Peer)と呼ばれる取引の方式が採用されています。

そしてそのユーザー同士で取引の情報が管理されていきます。また仮想通貨の価格の決定方式ですが、仮想通貨は発行数に上限がある仮想通貨が多く、流通量に対する需要と供給のバランスによって価格が変動します。

仮想通貨は法定通貨と異なり、価値を保証する国家のような中央集権的な発行主体や管理者が基本的には存在しません。P2Pでトランザクション(決済)を参加者全員で監視するブロックチェーンという仕組みがセキュリティーとして採用されています。

中央銀行の持つ信用が価値を保証する法定通貨とは異なる方法で仮想通貨は価値を担保している点に特徴があります。

SuicaやPasmoといった電子マネーとの大きな違いですが、これらの電子マネーは日本円を電子化したものです。そのため法定通貨である日本円を発行する日本銀行の信頼性に直結したマネーであるという点が大きな特徴です。

中央銀行が発行する法定通貨の場合、発行国の経済状況に応じて、発行枚数を変更することが可能となります。逆に仮想通貨には中央管理者が存在せず、発行枚数を変更することは基本的にはできません。

そのため、多くの仮想通貨では発行上限枚数が予め定められており、貨幣の価値が維持される仕組みとなっています。投資家にとってもっとも身近なビットコインでは、発行上限枚数は2100万枚に設定されているのが証拠と言っても過言ではありません。

最近流行中の電子マネーとの違いですが、円などの法定通貨に換金することができない仕組みになっています。しかしそれとは逆に仮想通貨では、その時点での時価で売買を行うことができるというのが大きな違いです。

電子データを用いる決済手段としては、ゲームで使用する通貨や、買い物などで使える電子マネーといったものが一般的なイメージではないでしょうか。これらのマネーの価値はすべて円などの法定通貨が基準になっているため、特定の企業や国・地域など利用用途が限られています。

しかし、一方、ビットコイン(BTC)は特定の国や地域に限定されることはなく、世界中で使える可能性を秘めた新しい決済手段です。

そのため今後、グローバルに社会が進展していくなかで、ビットコインの価値や有用性を見極めることで、自分の可能性を無限に広げることができます。

ではこれから一念発起してビットコイン投資を始めて行こうと思う場合、どのような手段で入手すればよいのでしょうか。

ビットコイン(BTC)を入手する方法で最も一般的なのが、取引所や販売所を経由して購入や入手する方法です。

まずは取引所や販売所のサービスを提供している事業者のウェブサイトから相性のいい会社で口座開設をおこなう流れは他の金融商品と大きな違いはありません。そこにお金を入金すればビットコイン(BTC)の取引を始められます。

まずは取引所です。仮想通貨も株式市場のように、売りたい人と買いたい人の注文を取りまとめて売買を成立させています。

仮想通貨も株式投資などと同様に注文の状況が細かく分かるため、値動きを見ながら暗号資産(仮想通貨)を売買したい人に適しています。これはいわゆる板売買と同じ考え方です。

次に販売所による取引方法を見ていきましょう。仮想通貨取引においては暗号資産交換業者を相手に、提示された価格で売買を行うのがもっとも基本的な取引方法です。

そのため細かな値動きに翻弄されず、自分の意図した価格で落ち着いて取引をしたい人は販売所を使って取引をおこなっていけば安心です。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)の優待やスワップポイントと呼ばれる収益を狙った投資ではドルコスト平均法と呼ばれる手法がメジャーな方法ですが、仮想通貨の販売所による方法はこれに該当するものです。

取引所・販売所によって購入できるビットコイン(BTC)はそれぞれ最小単位が違い、それぞれのサイトにて異なる表記で記載されています。

例えば、1BTCが50万円の場合、0.0001BTCは50円となります。

このような細かな取引単位が設定されているので、投資初心者や大きな元本をもたないようなかたでも小額からビットコイン(BTC)を始められることが分かります。

口座開設を申し込む際には、まずは最小の取引単位やレバレッジを確認しておきましょう。

しかし、ビットコイン(BTC)のシステムでは最低取引量が決まっており、最低取引量以下の取引は承認されません。

この点を理解してあらかじめビットコイン投資に振り向けられる金額や余裕資金をきちんと理解しておかないと、後々、大きな失敗や資金の枯渇につながる可能性もあるという点に十分に注意をしていきましょう。

coincheckの公式ページへ

仮想通貨・暗号資産の主な利用方法や保管方法

ここまでの内容で仮想通貨は価格が変動するので、株式投資などの金融商品と同様に投資の対象となることが理解できたのではないでしょうか。

仮想通貨・暗号資産の利用、保管方法

基本的な投資方法としては、将来有望と思われる仮想通貨の価格上昇ないしは下落を見込んで、お金を投入することで収益を得るという点においては大きな変化はありません。

また仮想通貨のメリットは所有権の移転が可能であるという他の金融商品とは異なるメリットがあるという点に関しても理解しておきましょう。

このメリットを上手く利用することで既存の通貨としてのイメージだけではなく多様な決済に利用することが可能となります。

仮想通貨決済に対応した実店舗やウェブサイトにおいては、仮想通貨・暗号資産を利用した買い物やサービスの享受することが可能となります。

また、仮想通貨を上手く利用することで、海外送金なども割安な手数料で行うことができるようになったのが投資家にとっての大きな恩恵です。

また仮想通貨は、分散型アプリケーション開発にも用いられるケースがあるという考え方も覚えておきましょう。具体的には、イーサリアムにおけるETH等が挙げられます。

円などの法定通貨は現金で保管しておくこと等ができます。しかし法定通貨とは異なる性質を持つビットコイン(BTC)は硬貨や紙幣のように目に見えるものではありませんし、手元に置いておくこともできません。

そのためビットコイン(BTC)では、パソコンやスマートフォンに専用のプログラムをインストールして、ビットコイン(BTC)の銀行口座に相当する「ウォレット」を作成して保管するのです。

この点をまずは大前提として理解しておきましょう。

そしてウォレットには銀行の口座番号に相当する「ビットコインアドレス」が割り当てられ、どのアドレスのウォレットにどのくらいのビットコイン(BTC)が保管されているのか、またどのウォレットがどのような取引を行ったかなど、ありとあらゆる情報が幅広く公開されています。

その点だけ考えると個人情報保護の観点や、オンライン上の悪意のある第三者による不正など危険性や不安感を感じるかもしれません。

しかし、仮想通貨においてはウォレットの持ち主の個人情報そのものは公開されていないので、匿名性が高く、個人情報が特定されないという特徴があり、それが安心感につながるのです。

円に限らずドル、ユーロなどの法定通貨は、それぞれの国の中央銀行が独自に管理しています。

しかし、ビットコイン(BTC)は特定の国や地域によって管理されているのではなく、「ブロックチェーン」と呼ばれる最新のテクノロジーによって管理されているのが大きな特徴です。

ブロックチェーン技術を使うと、どのウォレットにどの程度のビットコイン(BTC)があるのか、どのウォレットとどのような取引を行ったのかなど、その情報は細かくひも付き記録することができます。

その情報を広く公開することで、データの改ざんが不正に行われないように世界中の投資家が適宜監視し、ビットコイン(BTC)の価値そのものを守っているのです。

多くの投資家にとって、自分の大切な資産をいかにして守っていけるかどうかを考えることが大切なことです。

健全な市場でいつまでも楽しんでお金を稼いでいくことを考えることでより充実したマネタイズをすることが可能となるのです。

仮想通貨の気になるセキュリティー

インターネットの世界では個人情報や不正アクセスなど常にウィルスやセキュリティーの脅威にさらされる可能性が高くなっています。

セキュリティーはめちゃくちゃ大事

そのため、定期的に自分の銀行口座をチェックしたりするなど自分で自分の大切なお金を守っていかなければなりません。

しかし、仮想通貨による公開鍵暗号方式とは、暗号化と復号化に別々の鍵を用いて、暗号化の鍵を公開できるようにしてセキュリティーを維持する暗号方式があります。

公開鍵暗号方式では、「公開鍵」「秘密鍵」というペアとなる鍵が発行されています。

そもそも公開鍵は秘密鍵から生成されるのですが、その逆を行うことはできません。

公開鍵は誰でも自由に使うことができますが、秘密鍵はその鍵の所有者だけが使うことができます。その点から個人情報がきちんと守られているのです。

そしてビットコインを送金するときには、「アドレス」という宛先を指定するための文字列を公開鍵から生成します。

ビットコインのシステムでは、誰でも使用できる「公開鍵」をアドレスの生成に使います。ユーザー本人しか使用することのできない「秘密鍵」を取引実行のための署名に利用することで、第三者によるなりすましを防止する役目を果たしているのです。

ブロックチェーン技術は、ビットコインの取引を記録する分散型台帳を実現するためのテクノロジーとして、ビットコイン開発の過程で生まれました。

取引のデータは、「トランザクション」と呼ばれ、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と呼んでいます。

このブロックが鎖(チェーン)状になったデータ構造が、ブロックチェーンという名前です。

一般的なクライアント・サーバー方式と異なり、ブロックチェーン技術の場合、ネットワーク内の不特定多数の参加者によって取引データが監視されているのが特徴です。

そのため、何某かの不正や危険、悪意のある第三者が関与したような場合にチェック機能が働くようになっているのです。

結果として、不正利用に加え、当事者による二重支払が発生した場合でも、即座に不正が発覚し、無効なデータとして破棄されることとなります。

このようなシステムにより仮想通貨の安全性は担保されているのです。

さて、ここからはマイニングに関しても確認していきましょう。マイニングとは、簡単に言えば、ブロックチェーンにさらにブロックを追加する作業のことです。ビットコインにおけるマイニング作業では、PoW(Proof of Work)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

このアルゴリズムは、自身が生成したブロックを有効化するために、暗号学的ハッシュ関数(SHA-256)を利用し、数学的演算を行う仕組みです。マイナーは、トランザクションを検証しつつ、新たなブロックを生成するためにトランザクションを収集します。

まずはブロックに記録できるトランザクションが記録されているかの承認作業が行われます。そしてこの承認作業が完了すると、正式なブロックとして、ブロックチェーンに記録されることとなります。

ブロックを生成するマイニング作業が完了後、ブロックの生成者であるマイナーは、ブロック生成手数料とブロック内に記録されているトランザクション手数料をマイニング報酬として受け取ることができるのです。

ITに詳しくないかたにとっては少し難解なロジックかもしれませんが、このような複雑なプロセスを取ることによって、仮想通貨・暗号資産自体の安全性が守られているのです。

まだまだ道の分野である仮想通貨をより安全に楽しんでいくには、このような高度な専門性の高い知識を楽しみながら学んでいくことを考えてみる事をおすすめします。

coincheckの公式ページへ

ソロマイニングについて

仮想通貨・暗号資産は大変多くの専門用語が並びまたまだ黎明期であるため、なかなか多くの情報が行き渡っておらず、未知の分野と思っているかたも多いのではないでしょうか。

暗号資産にはソロマイニングもある

ここからは仮想通貨の世界において頻繁に聞くソロマイニングに関しても確認していきましょう。

ソロマイニングは名前からも分かる通り、単独でマイニングを行うことです。複数のマイナーと協力してマイニングを行うプールマイニングとは異なります。

プールマイニングではブロックの報酬がハッシュレートに合わせ、最適に分配されるようになっています。しかし、ソロマイニングでブロックを引き当てた場合、そのブロックの報酬すべてを単独で独占することができるのです。

結果として、1回でもブロックを引き当てた場合、高額の報酬を得ることが可能となります。ブロック報酬が20 BTCでその時の時価が1 BTC=200万円だった場合、ブロックを引き当てただけで2,000万円を手に入れたと同じ意味を持ちます。

ソロマイニングにおける最大のポイントは、ブロックを上手く引き当てると報酬を全額得ることができるということです。ブロック一つでも大きな金額になるため、1度ブロックを引き当てるだけでも十分な利益を出せる可能性があります。

しかし、ソロマイニングに関しても注意しなければならない点もあります。ソロマイニングはブロックを一つ当てるだけで大きな利益を得ることができますが、ブロックそのものを引き当てることは容易なことではありません。

ソロマイニングにおいてはブロックを引き当てることが難しいため、複数のマイナー同士が協力してマイニング行うプールマイニングやクラウドマイニングが頻繁に用いられており、ソロマイニングで利益を得ようとすることは非常にリスキーなのもまた現実なのです。

また仮想通貨のソロマイニングをおこなっていくには、想像以上に必要なものが多く、事前準備もしっかりしていかなければなりません。ここからはソロマイニングを始める手順や必要な機材などについて確認していきましょう。

まずは興味のある仮想通貨取引所の口座を開設することから初めていきます。

実際問題、取引所を開設しなくてもマイニングすること自体は可能ですが、マイニングした仮想通貨の売却には必ず取引所を経由することになるため、あらかじめ準備しておいて間違いありません。

国内で取り扱われていない仮想通貨をマイニングするのであれば、該当する仮想通貨を取り扱っている海外取引所と現金ができる国内取引所の2つの取引所を開設しなければならないのです。

ソロマイニングを行う場合でもマイニングプールへの登録はしましょう。

しかし、マイニングプール登録後、すぐにプールマイニングのチュートリアル手順に従ってしまうとソロマイニングではなくプールマイニングが始まってしまうのでその点はしっかりと理解して失敗ないようにするのが重要です。

また仮想通貨のマイニング作業には膨大な電力を必要とします。

使用できる電力に合わせてCPUやGPUなどのパーツ量も調整しなければなりません。必ず使用できる電力の上限を確認してしっかりとした環境で作業をおこなっていきましょう。

また使用するCPUやGPUなどに合わせて最適な電源ユニットも準備しなければなりません。

電源ユニットとは、パソコン全体に電力を供給するために必要不可欠なパーツです。電源ユニットは高ければ高いほど安定した電力で動作させることができます。たくさんのCPU・GPUを動作させる場合はそれ相応の電源ユニットを事前に準備しなければなりません。

そしてマイニング設備を自作する場合はマザーボードも必要です。マザーボードとはパソコンの心臓とも言える部品で、マザーボードにCPUやGPU・HDDなどのあらゆるパーツを装着していきましょう。

マザーボードによって対応しているCPUやGPUは異なりますので注意が必要です。事前によく調べて購入することが大切です。

ライザーケーブルでマザーボード上の端子を延長させることができます。

またライザーケーブルを使用することでたくさんのGPUと同時に接続できるようになります。ライザーケーブルを使わない場合、物理的なスペースの関係でGPUをたくさん配置することができません。

ライザーケーブルはCPU・GPUを用いてマイニングを行う場合は必ず必要となるケーブルです。

ASICを使用しないでCPUやGPUを使ってマイニングをする場合、高性能なCPUを用意しなければなりません。性能が低いCPUではその前に取引が成立してしまい、ブロックを引き当てることはほぼ不可能となります。そのため可能な限りハイスペックなCPUを導入するようにしましょう。

また、 GPUの性能を最大限に発揮させるために、高性能なCPUをあらかじめ準備しなければなりません。GPUさえ高性能なものを用意しておけば大丈夫と思うかもしれません。しかしCPU自体も性能が良いものを選ばないと無駄や非効率が生まれてしまいます。

ソロマイニングでビットコインなどの仮想通貨マイニングする場合、ブロックチェーン台帳に記録されたすべての取引をローカルに保存しなければなりません。

ブロックチェーン台帳のデータ量は膨大なものとなり、場合によっては数百GBもの容量が必要になります。そのため十分な空き容量があるHDDを準備するようにしましょう。

次にマイニングケースリングです。マイニングケースリグとは、マイニングに使用するGPUを効率よく並べる機材のことです。

マイニングケースリグ1台でGPUを4から8個ほど接続できます。またスペースも取らない上に冷却用の電動ファンも付いているモデルもあります。GPUを使ってマイニングをする上では欠かせないパーツであるため、必ず事前に準備するようにしましょう。

マイニングを行うには殆どの場合GPUが必要になります。CPUだけでもマイニングを行うことはできますが、マイニングに必要な計算能力がGPUと比べると格段に低いため、ソロマイニングだけではなく全体的に必要となりますので、きちんとしたGPUを用意しておきましょう。また電源ユニットもGPUの消費電力に合わせて選んでいきましょう。

ソロマイニングブロックを上手く引き当てれば、瞬時に大金を手に入れることができます。

ブロックを引き当てることができなければずっと利益はないままです。イニシャルコストやラーニングコストを考えると結果的に赤字となってしまうので、その点には注意しておきましょう。

マイニングにはプールマイニングやクラウドマイニングが存在します。

ソロマイニングで利益を得るにはそれなりの努力と多大なイニシャルコストが必要です。また、マイニング設備を大量に準備すると、ここまで紹介してきた部品以外に、冷却設備をきちんと用意しておかないと設備全体が熱くなりすぎるあまり熱暴走を引き起こしてしまう可能性もあります。

継続して安定してマイニング報酬を獲得したい場合は、プールマイニングやクラウドマイニングを選ぶことをおすすめです。

一攫千金的に大きな収益を短時間で得ることが可能となるのが、仮想通貨の素晴らしい点です。是非、その点を理解しながら、より高い収益をあげることを真剣に考えてみるのがいいでしょう。

仮想通貨の税金についてもきちんと理解しよう

日本国内では金券や電子マネーなど銀行業以外の資金移動業について規定した「資金決済に関する法律(資金決済法)」のなかに仮想通貨の定義が設けられています。

暗号資産の税金

一般的な電子マネーが法定通貨を基準とした電子的データであり特定の企業やサービスでの利用にとどまるのに対し、仮想通貨は財産的価値のある法定通貨と同じような役割を持つものと定義されているのが大きな違いです。

仮想通貨で手に入れた利益は株式投資や他の副業と同じように利益が20万円を超える場合は確定申告が必要となります。この点は株式投資と違いはありません。

売買が複数にわたる場合、売買ごとに所得を計算し、1年分の合計を所得額として合算申告します。この合計所得額の計算方法には2つあります。ここからはその点に関しても確認していきましょう。

1つは仮想通貨を購入するたびに購入額と残高を平均し所得を計算する「移動平均法」です。

もう一つは1年間の購入平均レートをもとに計算した総購入金額と売却合計金額の差額(所得)を計算する「総平均法」です。両者の違いをまずは明確にする必要があります。

ハイリスクハイリターンな取引をおこなっていきながら、自分の資産を増やしながら守っていくのが、投資全般に共通する考え方です。税金面なども考慮に入れていきながら、より安全で素晴らしい投資をすることを考えてみる事もおすすめです。

仮想通貨の抱えるリスクとは

インターネットを介して大きな収益を得ることができる仮想通貨ですが、何もいいことづくめではなく他の金融商品と同じようにリスクが存在します。

暗号資産のリスク

仮想通貨が抱えるリスクの中で、代表的なものをここから確認していきましょう。

まずは価格変動リスクについてみていきましょう。仮想通貨は、価格変動(ボラティリティ)が大きいため、需給バランスの変化や、物価、戦争、政変、仮想通貨を取り巻く状況の変化、その他想定外のイベントの影響により、価格が乱高下する可能性があります。

実際に取引を行う際には、価格変動の大きさを考慮して機敏な売買をすることを心がけていきましょう。

次に秘密鍵やパスワードの紛失リスクです。ウォレットの秘密鍵やパスワードを紛失した場合、保有する仮想通貨に一切アクセスできなくなる可能性があります。そのため日頃からパスワードの管理には細心の注意が必要となります。

そして仮想通貨特有のリスクであるサイバー攻撃による盗難リスクです。

サイバー攻撃によって、取引所または自身が保有するデバイスから秘密鍵が漏洩してしまった場合、悪意のあるハッカーによってサイバー攻撃を受けて保有する仮想通貨が盗難されてしまう可能性があります。

次に取引所の経営破綻リスクを考えていきましょう。これは株式投資やFX(外国為替証拠金取引)における中央銀行や発行元に対する破綻リスクのことを言います。外部環境の変化等によって、仮想通貨取引所が事業を継続できなくなった場合、取引所の体制によっては、取引所に資産を預けている利用者の資産が返還されない場合が発生しますので、この点に関しても十分に注意を払っていきましょう。

そしてネットワーク上のトラブルリスクです。仮想通貨の取引はインターネット上でおこなわれることが多いので、インターネットやパソコンなどのデバイスは必要不可欠なものとなります。

仮想通貨の取引は、仮想通貨ネットワーク上で承認されることで完了します。

そのため、ネットワーク上で通信障害などの何らかのトラブルが起こり、取引がキャンセルされることもあります。常にバックアップ回線やバックアップ用のデバイスを用意して万が一の事態に備えるようにしておきましょう。

先程のネットワークトラブルと似ている部分もありますが、取引所のシステム障害リスクも考慮に入れていかなければなりません。利用している取引所にシステム障害が発生すると、取引ができなくなる等のトラブルが生じることもあります。

また仮想通貨に独特の51%攻撃のリスクという説明についても確認していきましょう。悪意のある第3社によって、仮想通貨のハッシュレートの51%が占有されてしまうと、不正な取引が行われるリスクが発生するのです。

この点は仮想通貨ならではのリスクでもありますので、十分に注意をして対策を考えていきましょう。

株式投資やFXは大変高度なリスク管理が必要となりますまたITも常に進化しながらも通信障害やまたセキュリティー障害の危険性もはらんでいます。これらのリスクを考えていきながら、自分の大切なお金を管理することを真剣に考えてみるのもいいかもしれませんね。

暗号資産や仮想通貨は「危険なもの」なのか?
暗号資産や仮想通貨は「危険なもの」なのか?暗号資産や仮想通貨は「危険なもの」なのか?と言う疑問を持つ方は多いかと感じます。投資として考えるにしても保持を考えるにしてもリスクがあるものは不安があるのは事実です。何故危険だと言われているのかを調べてみました。...

仮想通貨や暗号資産が危険なものなのか?についての詳細は別記事でも解説しているので、そちらもご一緒にご覧ください。

Defiの特性について確認しておこう

「DeFi」と呼ばれるアプリケーションは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されています。イーサリアムは単なる取引だけでなく、他のタイプの分散型アプリケーションを開発しやすい点でビットコインとは違う性質を持っているというポイントに是非注目していきましょう。

スマートコントラクトを実現するイーサリアムは、大きな柔軟性を利用者に提供していると言っていいでしょう。

DeFiについて

スマートコントラクトとは、特定の条件に合致した時に、自動的に取引を実行するものとなっています。

ソリディティなどのイーサリアム・プログラミング言語は、そうしたスマートコントラクトの作成、展開に特化しているのが大きな特徴です。

スマートコントラクトを中心として、数十のDeFiアプリケーションがイーサリアム上で運用されています。

イーサリアムブロックチェーンのアップグレード版である「イーサリアム2.0」においては、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題に段階的に対処することが可能となります。

これらのテクノロジーの進化によってDeFiアプリケーションのさらなる成長を実現する可能性があるのです。

レンディング(貸付)市場は、暗号資産の借り手と貸し手をつなげるもので、DeFiの人気形態の一つとして現在大変な人気や注目を集めています。その中でも大変人気のあるプラットフォーム「コンパウン」では、ユーザーは暗号資産を借り、また自分自身もローンを提供することができます。

そしてユーザーは自分の暗号資金を貸し付けて利子収入を得るという収入形態も実現することができます。

コンパウンドにおいては金利がアルゴリズムによって設定されており、ユーザーの暗号資産を借りたいという需要が高くなればなるほど、その分金利も高くなるという仕組みができあがっています。

DeFiレンディングにおいては担保ベースでローン(融資)を受けるには、ユーザーはあらかじめ担保を用意しなければなりません。

そしてその担保は多くの場合、イーサリアム(ETH)というふうに設定されています。つまり、DeFiではない通常のローンでは必要な個人情報やクレジットスコア(信用情報)を提出する必要はありません。

最も古いDeFiアプリケーションの一つは、「予測市場」です。これはユーザーが将来の世界的なイベントなどに対して投資を行う取引のことを言います。

参加者の狙いはもちろんマネタイズですが、予測市場はときに市場調査などの従来の方法よりも予測結果が優れている点に関して大きな特徴があります。またイントレードやプレディクティットなどの中央集権型予測市場においては、優れた結果を残してきました。

しかし、予測市場は伝統的に政府などの権力から嫌われ、閉鎖されることもしばしばありました。しかしDeFiは予測市場の可能性を大きく広げる可能性も秘めているのです。

今後もITテクノロジーの進展で仮想通貨市場はどんどん広がっていくことは間違いありません。このようななかで次々に生まれてくる新たな市場を学んでいくことで、より素晴らしい時間や人生を楽しんでいくことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?新型コロナ時代の中で経済的にたくましく自立して生き抜いていくには稼いだお金を上手く運用するための資産形成の方法なども自分から楽しみながら身につけていくことを考えていかなければなりません。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)のような金融商品を楽しんで使っていくことに加え最近人気の仮想通貨にも精通し投資の幅を広げていくことで、マネタイズの幅をより広げていきながらお金の面で充実した時間を楽しんでいくことができます。

  • 暗号資産のマネタイズ方法は沢山ある
  • 思ったよりも「簡単」に稼げるものは無い
  • マネタイズの方法には必ず「知識」が必要

仮想通貨・暗号資産のような商品を取り入れながら投資全般を楽しんでいくことを考えていかなければなりません。

仮想通貨は最近のブームの影響もあってか大変多くの商品が存在しています。金利や為替よりも難解なように思われる概念も一回学習してしまえば後は実戦でなれていくだけです。まだまだ道の分野ですので、先行者利益も十分に考えられます。この点を理解して仮想通貨投資を普段から楽しんでいけば充実したマネタイズを自分で楽しんでいくことができます。

オンラインで株式投資やFX(外国為替証拠金取引)をするかたにとって仮想通貨も合わせて学習をすればするほど、より多くの商品を楽しんで使っていくことが可能となります。

普段の投資をより安全かつ円滑に楽しんでいくにはやはり、リスクとリターンの関係を確実に理解しながら、債券のもつ良いところをどんどん自分で楽しんで普段の投資に活かしていくことを考えていかなければなりません。

短時間で収益化できる株式投資やFX(外国為替証拠金取引)を投資の軸に据えて、そこに投入する資金を上手く仮想通貨などで運用をすることでもよりフレキシブルな投資を楽しんでいくことが可能となります。

より多くの金融商品を自分で楽しんで普段の投資に使っていくことで満足のいく投資で自分らしくより充実した時間を楽しんでいけます。知れば知るほど、儲かる、知れば知るほど楽しい、そんな投資家を目指してみてはいかがでしょうか。

これらの基本的な金融商品を上手く使っていくことで、無理しないで、確実なリスクコントロールが可能となります。普段からこのような点を理解していくことでも満足のいく投資を自分でおこなっていくことが可能となります。

仮想通貨や暗号資産は、様々なマネタイズ方法があるので、知識として頭にいれておく事は重要だと言えるでしょう。

仮想通貨を普段から自分らしく楽しんでいくことでより素敵な自分らしい時間を楽しんでいくことができます。

coincheckの公式ページへ

ABOUT ME
禅のロブロイ
仮想通貨・暗号資産のリスク観察隊長を自称しています。何度かの暗号資産バブルを経験。今では値動きする毎に一喜一憂する事無く、達観して価格変動を見る事が出来るようになりました。暗号資産は投資として考えると胃が痛い。
もう取引所でアカウント登録は済んでいますか?

暗号資産の取引所選びって、
どこがいいのか迷っていませんか?

日本国内で一番多い取扱暗号資産が多いのがcoincheck

積み立て、IEOなど様々な形で暗号資産を取り扱える

無料でアカウント登録可能

アカウント登録する

関連記事