コインチェック

【手数料に違いが!?】コインチェック(coincheck)の入金方法を解説!どんな方法があるの?

coincheck入金方法解説TOP

こんにちは。禅のロブロイです。

仮想通貨・暗号資産取引はバブルが来たりバブルが崩壊したりと、高騰暴落を繰り返しているのですが、だからこそ、暗号資産取引に興味のある方が、日々増えているのではないかと感じられます。

そんな中で、投資関連である種の問題となるのが、「入金方法がわかり辛い」「入金方法がわからない」「反映までの時間が不安」と言った問題でしょう。

今回は、コインチェック(coincheck)の入金方法について解説、そして入金できない、反映が遅いと言った問題の対処についてなども調べてみたので、興味のある方は是非ご覧ください。

coincheckの公式ページへ

コインチェック(coincheck)の入金方法は3つある

コインチェックは入金方法によって、アカウントに反映される時間に差が出ます。

コインチェックの入金方法は大きく分けて3つあるので、それぞれの特徴を掴んでおくのが良いでしょう。どれも難しいと言う訳では無いので、一度入金に成功したら失敗をする事は恐らく無いとは思いますが、最初はやはり不安ですよね。

coincheckの入金方法は3つ

どういった方法があるのかと言うと以下の3つです。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

上記は入金方法によって、必要になる手数料や、反映までの時間に大きな差が出ます。

コインチェックの口座開設・アカウント登録の記事でもお話したように、銀行口座は事前に準備しておいた方がいいでしょう。

コインチェック 口座開設 アカウント登録方法
これがコインチェック(coincheck)アカウント登録・口座開設方法だ!仮想通貨・暗号資産取引所と言えば、coincheck(coincheck)の名前が挙がるかと思うのですが、登録方法は思ったよりも簡単です。暗号資産取引に興味のある方は是非ごらんください。始めてみるには取引所は持ってこいです。...

口座開設自体も思ったよりも早く出来るので、まずはそちらから行っておく事がおすすめです。

話が少し逸れてしまいましたが、この記事では「どの入金方法が一番コストがかからないか?」「スピーディーに入金できるか?」などコインチェックの入金手続きについてや、「入金が反映されない」などのトラブル対処法まで、入金に関する疑問について回答できればなと考えています。

詳細などはコインチェックへの問い合わせをオススメしますが、大体の問題が解決できれば、面倒に思わずに済むと思うので、覚えておいて損になる事は無いはずです。

coincheckの公式ページへ

コインチェックの入金方法 銀行振込編

まず最初に、銀行口座からの送金について解説をしていきます。

コインチェック入金 銀行振込編

コインチェックへの銀行送金には2つの送金先があります。

  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

以前は、りそな銀行も送金先にあったのですが、現在では上記の2つとなっているので注意をしておきましょう。

また、ユーザによって振込先の口座番号が違うとの事なので、ログインをして自分の目で振込先を確認してください。

銀行送金には手数料がかかるので、出来る事なら上記の2行の口座からコインチェックへの送金を行うのがいいでしょう。

送金手数料について

手数料に関しては上記2行以外のネット銀行から送金をすると、無料送金回数以降は約157円の手数料が掛かるので注意が必要です。

また、地銀など他の銀行口座からだと、手数料は大きくなるので、その辺りはデメリットと考える事も出来ます。

手数料が安いのが銀行振込のメリット

ちなみにですが、銀行振込、銀行送金となると、他の入金方法よりも手数料は安くなります。

これは、銀行送金のメリットと言ってもいいでしょう。余計なコストを掛けたくないと考えている方なら銀行送金をするのがおすすめと言ってもいいのではないでしょうか。

塵も積もれば山となるとは言いますが、少額でも少しの積み重ねで変わってくるので、気を付けるべき点とも言えますね。

銀行振込は入金反映時間が速くなる可能性がある

銀行振込は入金した後にコインチェックの口座に反映されるまでの時間が他の送金よりも速くなる場合がありますが、基本的には他の2つよりは反映までの時間が遅いと言う事は覚えておきましょう。

全ての銀行がと言う訳ではありませんが、「モアタイムシステム」に加盟している銀行の場合、コインチェックの確認が済み次第24時間対応で、反映されるので入金してから反映するまでの時間が速く感じるでしょう。

ちなみに、モアタイムシステムに加入していない銀行から送金した場合でも、振込みを行った日の翌営業日以降にコインチェックが確認が完了すると反映されるので、そこまで遅いと言う訳では無いと言う事も知っておいた方がいいかもしれません。

モアタイムシステムが特別速いだけであって、決して遅くは無いので注意しておくのがいいでしょう。

銀行振込時はIDと名前の入力は必須

銀行振込をする際の最大の注意点として、振込時にIDと名前を振り込み名義にしっかりと入力する必要があります。

この工程を忘れてしまうと、入金反映までに時間がかかったり、入金が反映されないと言った事態に陥る事も考えられるので、IDと名前を入力して入金する事を忘れないようにしておくようにして下さい。

コインチェックで銀行振込ってどうやるの?

銀行振込の手順は非常に簡単でわかりやすいです。

まずは、「日本円入金」を押します。

コインチェック 「日本円入金」を押す

すると、入金方法の選択画面が出ると思いますので、銀行振込を選択してください。

コインチェック入金 銀行振込をチェック

そうすると、振込先が表示されるので、その振込先に送金をすると言う形になります。

コインチェック入金 振込先が表示される

注意点として再度記載しておきますが、もちろん振込人の名義は登録者の名前である必要があると言う事と、振込人名義の欄にはアカウントIDと名前を入力すると言う事を忘れないようにしてください。

coincheckの公式ページへ

コインチェックの入金方法 コンビニ支払い編

コインチェックの入金方法の特徴として、コンビニ支払いでも入金をする事が可能です。これって結構珍しいですよね。

コインチェック コンビニ入金編

コンビニ支払いなら土日祝日、そして銀行の営業時間外でもすぐに反映される事から、便利さは非常に高いと感じられます。

しかしながら、全てのコンビニで対応している訳では無いので注意してください。コンビニ支払い対応のコンビニは下記の通りです。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

以上が対応コンビニになります。以外なのがセブンイレブンの対応が無いと言う事ですね。

コンビニ入金のやり方

こちらは、バーコードを表示させてレジで精算すると言う形になるので、スマホをコンビニに持っていって入金を行います。

めちゃくちゃ簡単なのですが、間違いやミスがあってもいけないので、必要手順をまとめてみます。

  • コンビニ入金を選択する
  • どのコンビニを利用するのかを選択し金額の入力
  • バーコード表示ボタンを押して、レジで精算

上記の流れになります。画像で解説すると下記の通りです。

まずはコンビニ入金を選択。

コインチェック コンビニ入金 選択されているかチェック

どのコンビニを利用するのか、選択した上で金額を入力

コインチェック コンビニ入金 コンビニを決める

バーコード、支払い番号を表示させてレジで精算する。

非常に簡単でスムーズなので、あまり説明をする事がありませんね。後は反映されるのを待つのみとなります。

反映スピードの速さはコンビニが最速か?

コンビニ入金をする上で、最大のメリットは、反映のスピードでしょう。

すぐに暗号資産の取引を始めたいと言う方にはうってつけの入金方法となっています。

ですが、メリットもあればデメリットもあると言うのが現実の問題で、コンビニ入金をするにあたって、2つの大きなデメリットがあると言う事を覚えておきましょう。

コンビニ入金をする上で知っておきたいデメリット

入金反映の速さは随一と言ってもいいのですが、良い面だけでは無いと言うのはある意味当然かもしれません。それも加味した上で早く取引を開始したい方はコンビニ入金を利用するのがいいでしょう。

  • 手数料が高い
  • 入金額の制限がある

上記の二つが大きな2つのデメリットとなります。

手数料は約750円ほどとなっているので、積み重ねていくと大きな差となります。頻繁に取引をしないと言う事ならあまり関係はありませんが、どんどん購入して保有していく方法を考えている場合は、入金額も多くなっていくのでこの手数料の差は馬鹿になりません。

更に、1度の入金額に制限があるので、ビットコインやイーサリアムの保有を考えている場合などは、かなりの小規模からの保有になってしまいます。

ちなみに1度の入金が30万円までとなっていて、3日の入金額が100万円未満(手数料を含む)までとなっているので、この辺りは面倒かなと感じる部分です。

必要に応じて入金方法を変えると言った形を取るのがいいのかもしれません。

coincheckの公式ページへ

クイック入金って一体何?

銀行送金に近いものがあるのですが、クイック入金も別物として考えておいてもいいでしょう。

コインチェック入金方法 クイック入金

クイック入金は、ペイジー対応の銀行からクイック入金(ペイジー決済)することもできます。

反映速度は非常に速いのも特徴で、簡易版の銀行振込みたいなイメージをしておくといいかもしれません。

インターネットバンキングがあれば、銀行やATMに行く必要が無く家から入金が可能と言うのはクイック入金の特徴であり大きなメリットと言えるでしょう。

ちなみにペイジー対応銀行では店頭ATMからでもクイック入金をする事は可能なので、ひとつの方法として覚えておいてもいいのかもしれません。

クイック入金のやり方

簡単と言われるクイック入金の方法ですが手順を少し解説していきます。

今回は店頭では無くネットを利用した入金方法の解説となるのでご注意ください。手順は5つです。

  • 入金で「クイック入金」を選択
  • クイック入金をする金額の決定
  • 「収納機関番号」や「お客様番号」「確認番号」などが表示。
  • 利用する金融機関のオンラインサービス・インターネットバンキングにページを移動
  • 金融機関の指示に従って手続きをする

簡単に画像を使って手順を追っていきましょう。まずはクイック入金を選択します。

コインチェック 入金方法 クイック入金になっているかのチェック

入金する金額を決めましょう。

コインチェック 入金方法 クイック入金金額を決める

金額を入れると「収納機関番号」等が表示されます。

コインチェック クイック入金 収納機関番号

利用する金融機関のオンラインサービス等にログインして、金融機関の指示に従って処理を進めると入金処理が完了。

クイック入金のメリットは多くの投資資金でも一度で入金が出来る

クイック入金のメリットはいち早く、多くの資金を入金できると言う事です。

手数料は、入金額毎に分かれてくるので注意が必要です。コンビニ入金と同様、手数料は高くなっているのはデメリットと言えるのですが、速さと言う点では銀行振込よりも速いです。

あくまでも簡単で早くと言うのがメリットと言えるでしょう。

もう一つのデメリットが、「クイック入金(ペイジー)」に対応している銀行でなければ利用できないと言う事です。

誰もが利用できるからこそ使い易いのであって、利用者が限定されてしまうと、少し利用価値は落ちるのかなと感じます。

また、入金後7日間は資金の移動が出来ないので、これもデメリットと考えた方が良さそうです。

使い方次第と言う点はあるかもしれませんが、ちょっと使い難いかなと感じました。

coincheckの公式ページへ

結局は銀行振込が一番良いのかも

結局のところどの入金方法にするにしても、メリットとデメリットは存在するので、自分が一番使い易い、お得だと思うものを利用するのが一番いいのではないでしょうか。

主に比べる所は、手数料か速度かと言うところでしょう。

個人的には、手数料の安い銀行送金がいいのかなと思っているのですが、それも又状況に応じてと言う事ではあると思うので、何が一番自分にとってメリットなのかをしっかりと考えた上で入金方法は選択した方がいいでしょう。

あくまでも、自分にとってどの方法を使うのが一番のメリットとなり得るのかを考えてみてください。

それが一番ベストな入金方法と考えていいはずです。

入金が出来ない?反映されない時は?

入金方法にもよりますが、入金が出来ない、反映されないと言う点で、入金時に何か問題点があったと言う事です。

コインチェック 入金トラブルはサポートに問い合わせを!

主に、入金が出来ない、反映されないとされる要因があるようなので、まずはそちらに該当しないかどうかを考えてみましょう。

  • 振込情報の間違い
  • アカウント登録名義と振込人名義が異なっていた場合
  • 口座に振り込む際にアカウントIDを入力していない

大きな要因として上記の3つが挙げられる事が多いです。

振込情報の間違い

そもそもの問題として、振込情報に誤りがあった場合、coincheck側に入金がされていないので入金が反映されません。

コインチェック側でも対応が出来ないのが、この振込情報の間違いでしょう。

振込先の確認は入金を行う前に必ず行っておく事!これは忘れないようにしてください。

振込先を誤ってしまった場合は、銀行への問い合わせが必要になるので、注意しましょう。

アカウント登録の名義と振込人名義が異なっていた場合

アカウントの名義と振込人の名義が違っていた場合も、反映されない、または反映が遅れてしまいます。

本人かどうかの確認が取れないので当たり前と言えば当たり前なのですが、振込人と登録名義が違うと反映される口座が特定できないと言う不利な点もあります。

こちらもそもそも「入金自体が反映されない」可能性があるので、十分に注意しておきましょう。

口座に振り込む際にアカウントIDを入力していない

入金の反映遅れの主な原因と言ってもいいのがIDの入力忘れです。IDの入力忘れをしてしまった場合、口座の特定に時間がかかる事からコインチェックの口座への反映に遅れが出る場合が多いです。

銀行が混んでる際などに、気分的に急かされてよくやってしまいがちなミスですね。

名前は間違っていないので、待っていれば反映される事は多いです。

そもそも送金先として表示される画像などには、IDが掛かれた状態で名前などが表示されるので、しっかりと画像などを撮って見比べてみるのがいいでしょう。

もしも入金時に失敗してしまった際の対処方法は?

振込先の間違い以外なら、コインチェック(coincheck)側で対応をしてくれる場合があるので、もしも何かトラブルがあって入金がされていない、または反映に時間がかかっている場合は、coincheckの公式サイトで問い合わせをする事がおすすめです。

特にコインチェックの場合はわかりやすく「日本円入金のお問い合わせ」と言う問い合わせを選択できるので、入金の反映が遅いと感じた場合は、そちらから問い合わせてみるのがいいでしょう。

また、IDの入力漏れなどがあった場合なども、問い合わせの方から問い合わせをする事で、反映される事もあるようなので、問い合わせをしてみる価値はあるでしょう。

何度も言うようですが、振込先を間違ってしまうと銀行へ問い合わせをするしか無くなってしまうので、注意が必要です。

coincheckの公式ページへ

まとめ

今回は、コインチェック(coincheck)の入金方法について、解説させていただきました。

入金方法は3種ありますが、どれも基本的には簡単で一度入金をする事が出来れば、間違える事はほとんどありません。

しかしながら、振込先の間違いなどがあると色々と面倒なので毎回しっかりと確認する事をおすすめします。

  • おすすめは銀行振込を利用した入金
  • 注目ポイントは速度と手数料
  • 入金方法は全般的に簡単
  • 3つ入金方法があるのですが、どの入金方法も比較的わかりやすく間違える事は少ないとは思うのですが、どうしても入金の反映遅延であったり、なんらかのトラブルが起こることは想定しておかなくてはなりません。

    コインチェック(coincheck)では入金関連のトラブルも問い合わせでしっかりと対応をしてくれるようなので、不安に思う事は少ないのかもしれませんね。

    一般的に面倒に感じる入金関連ですが、コインチェックの場合は、非常に簡単だと言う事がわかりました。暗号資産取引に興味のある方で、難しい、わかり難いと思っている方にとって、コインチェックは始めやすい取引所なのではないでしょうか。

    coincheckの公式ページへ

    ABOUT ME
    禅のロブロイ
    仮想通貨・暗号資産のリスク観察隊長を自称しています。何度かの暗号資産バブルを経験。今では値動きする毎に一喜一憂する事無く、達観して価格変動を見る事が出来るようになりました。暗号資産は投資として考えると胃が痛い。
    もう取引所でアカウント登録は済んでいますか?

    暗号資産の取引所選びって、
    どこがいいのか迷っていませんか?

    日本国内で一番多い取扱暗号資産が多いのがcoincheck

    積み立て、IEOなど様々な形で暗号資産を取り扱える

    無料でアカウント登録可能

    アカウント登録する