仮想通貨(暗号資産)NEWS

気になる人は多いはず!今後の暗号資産はどうなっていくのか?将来性を考えよう!

仮想通貨・暗号資産の将来性

こんにちは、禅のロブロイです。

今でこそ仮想通貨・暗号資産は非常に有名なものとなり、価格の変動が起こりやすい【投資】として知名度が上がっているのが暗号資産、仮想通貨なのですが、今後の仮想通貨はどのように進んでいくのかをしっかりと見極めていく必要があるでしょう。

もちろん【投資】として価値の変動を考える必要があるのも事実なのですが、仮想通貨や暗号資産本来の意味での利用価値と言うものがどのように変わっていくのかを調べていきます。

どんなものでも今後と言うものは気になりますよね。投資として考えてる人も

仮想通貨・暗号資産の将来性

仮想通貨と暗号資産の将来性を考える上で、投資として考えるのなら、重要なのは価値が上がるのかどうかではないでしょうか。

暗号資産の将来性は?

仮想通貨や暗号資産の価値と言うのは所謂【利用価値】と言っても過言ではありません。

その仮想通貨や暗号資産の使い方にどの程度の価値があるのかを考えると良いのかもしれませんね。

ICOなどを含めると、様々なCOINがあり、将来性を考えて投資をする方も多いのですが、実際に【価値】があるのかというのが将来性に繋がるのではないかと考えます。

現在、仮想通貨バブルは弾けたと言われる事は多いのですが、過去から考えると、仮想通貨・暗号資産の価値は上がり続けています。

もちろん、仮想通貨や暗号資産の価値として「天井値」と言うのは大事なものだと思いますが、本当に大事なのは「底値」です。

為替でも同じなのですが、短期的に値動きを見ると痛い目を見る事が多いです。長期的に値動きを見る場合、大事なのは「底値」になってきます。

将来性を考えるのであれば、短期的に考えるよりも長期的に考える事は重要になってくるでしょう。

その時その時の底値を比べてみて上がり続けているのなら、将来性を感じる事は出来るのかもしれませんね。

仮想通貨・暗号資産の本来の使い方を重要視しよう

値動きだけが注目される事が多い仮想通貨と暗号資産なのですが、一番重要なのは、本来の利用方法です。

暗号資産の本来の利用方法

元々仮想通貨や暗号資産というのは【ブロックチェーンテクノロジー】を利用した、本来の利用方法があります。

例えばビットコインなら、決済に利用される事を想定された上で作られたもので、その価値が高くなるほど、値も上がると言う事です。

投資としてではなく、本来の利用方法の価値が上がれば上がるほど投資としても価値が上がると言うのが本来の形となります。

仮想通貨バブルと言われる事は多いのですが、基礎的な部分の値が高くなるかどうかも重要で、見せかけだけの価値ではなくて、そのCOINの本当の価値と言うものを見抜く必要があると言えるのではないでしょうか。

とは言え、簡単に将来的に価値が上がるとは言い切れないのも事実なのでしっかりとその仮想通貨や暗号資産の概要を把握して、将来性が見込めるかどうかを確認する必要があるのではないかと考えます。

本来の使い方で値動きは大きく動く変わる可能性があるので注目はしておいた方がいいでしょう。

ビットコインの価格変動は全体に影響する

現状、仮想通貨や暗号資産の将来性に関して大きな影響があるのは【ビットコイン】と言っても過言ではありません。

ビットコインの影響力はすごい

あくまでも過去数回の大幅な値動きに関しては、ビットコインの影響力と言うのが大きく影響しているのは間違いないでしょう。

coinによっては大きな影響力があるのも事実なので、どれだけ影響力のあるcoinの将来性があるかによって、仮想通貨や暗号資産の価値そのものに影響があると言うのは覚えておかなくてはなりません。

ビットコインの価格変動は確実に他のcoinに影響を与えます。

出来たばかりのcoinの影響力は低いので、それだけで全てのcoinに影響を与えると言う事はあり得ないとは思いますが、重要coinは別なので、しっかりと考えてみておくといいですね。

仮想通貨や暗号資産の将来性ってどうやってみるの?

将来性なんてどの情報を見ればいいの?と思う事は多々あるでしょう。

影響力が大きく、知名度が高いcoinに関してはネットニュースなどにはなりやすいので、調べやすいと言う部分はあるでしょう。

これは大きなメリットと言えるのではないかと考えます。

情報量が多いと言うのは絶対的に有利なのは変わらないので、メリットとしても変わる事が無いと言うのは有利になると言うのは知っておいた方がいいでしょう。

逆に零細coinであったり、新しいcoinについては公式サイトがあるなら公式サイトでの発表。公式サイトがなければTwitterでの情報収集になります。

ネットニュースよりは格段に情報収集するのが難しく、情報の伝わり方も狭い範囲となります。

そのcoin自体の価値は上昇、下降をしますが、仮想通貨や暗号資産全体でと考えると、そこまで大きな影響力があるといは言えません。

一概に仮想通貨・暗号資産の将来性が価値に繋がるとは言い難い

ある程度以上は、仮想通貨や暗号資産の価値は将来性が左右すると言えますが、一概に将来性だけが価値を決める訳では無いと言う事は覚えておきましょう。

特に知名度が高いcoinと低いcoinでは全く違うので、注意です

影響力のある仮想通貨や暗号資産が強すぎて、値動きに関してもそちらにつられて動く事が多々あるのです。

もちろん、重要なのは「将来性」と言うのは間違いありませんが、投資として考えるのなら、それ以外の部分をしっかりと考えておかなくてはならないでしょう。

それが、本来の仮想通貨や暗号資産の価値についての考え方であり、現状は仮想通貨、暗号資産バブルだと言えるからこそこういった現象が起こっているとも言えるので、ある意味仕方無い事だと割り切るしかありません。

【暴落した】と言われても、仮想通貨や暗号資産の底値自体は上がっている傾向にあるので、本来の意味で【バブルが崩壊した】とは言えません。

そこは、根本にある、仮想通貨や暗号資産の将来性を重要視されているからではないでしょうか。

まとめ

今回は、仮想通貨や暗号資産の将来性について調べてみました。

【バブルは崩壊した】と言われる事は多いですが、底値で長期的に考えるとバブルが崩壊したとは思えません。

むしろ価値自体は上がっていると考えていいでしょう。

その点だけ考えると暗号資産の将来性は現状は有ると考えていいのではないでしょうか。

  • 仮想通貨の将来性は高い
  • ビットコインの影響力も大きい
  • 仮想通貨バブルの崩壊はあり得ない

ビットコインの影響力は絶大なものがあり、いくら将来性にプラスな発表があっても、影響力の大きなビットコインなどのマイナス発言があると、全ての仮想通貨や暗号資産の価値が下がります。

これだけは将来性は関係が無く、単純にビットコインに引っ張られる事が多いのですが、それは仕方がない事です。

為替取引でも、影響力があると言われている米ドルの影響を大きく受けるので、そういった現象と似ているものだと考えてもいいのではないでしょうか。

どちらにせよ、【ブロックチェーンテクノロジー】は「将来性」を見込まれた上で投資されている事が多いので、様々な情報を収集する事をオススメします。

将来性を見越して仮想通貨や暗号資産の投資を行うと言うのは、決して間違いでは無いでしょう。

しかしながら、あくまでも現状であると言うのは覚えておく必要があります。仮想通貨や暗号資産よりも将来性のあるものが出てきた時に、状況が変わる事は十分に考えられるので、注意しておく必要がありそうです。

ABOUT ME
禅のロブロイ
仮想通貨・暗号資産のリスク観察隊長を自称しています。何度かの暗号資産バブルを経験。今では値動きする毎に一喜一憂する事無く、達観して価格変動を見る事が出来るようになりました。暗号資産は投資として考えると胃が痛い。
もう取引所でアカウント登録は済んでいますか?

暗号資産の取引所選びって、
どこがいいのか迷っていませんか?

日本国内で一番多い取扱暗号資産が多いのがcoincheck

積み立て、IEOなど様々な形で暗号資産を取り扱える

無料でアカウント登録可能

coincheckでアカウント登録する

関連記事