仮想通貨(暗号資産)NEWS

投資先としてのビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

投資先としてのビットコインキャッシュ

 

こんにちは!禅のロブロイです。

仮想通貨や暗号資産で有名なのは「ビットコイン」なのですが、皆さんは、「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」というコインはご存じでしょうか。

名前からも分かるように、ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークされたものであり、アルトコインと呼ばれるものであるのは間違いありませんが、世界的に見ても大きな市場があるので、投資として保持している方も多くいるのが事実です。

今回は、そんなビットコインキャッシュについて少し調べてみたので、ビットコインキャッシュはどういったものなのか興味がある方は是非ご覧ください。

投資先としてのビットコインキャッシュ

「日本人の学力、特に科学技術力の低下」「日本の人口減少」「日本の経済力の相対的な地位低下」「老後2000万円問題」「莫大な借金等に伴うの日本円暴落の可能性」などといったように、日本の将来に関する否定的な意見が日常茶飯事のように飛び交う今日この頃です。

このような中で、将来の生活に不安を覚える方も多々いるでしょうし、それに備えて老後のための資産形成を今からでも真剣に考え始めた方もまた多いでしょう。

それは将来についてしっかりと考えていると言う事は事実なので、自信を持っていいのではないでしょうか。

日本の先が見えない中での投資

そのようなお考えに至った方は、本当に賢明です。そのように言えるは、いう間でもなく日本政府が日本国民個人の将来を考えた経済政策を行っていませんし、今後もおそらく実施されることはないと簡単に予想がつくからです。

すはわち、私たち日本人の一個人は、「日本政府に期待し、日本政府に将来の面倒を見てもらうような時代はもう終わったのだ」という認識を持つことが死活的に重要になってきます。この意識がないと、気づいた時には泣き寝入り状態になってしまいますし、日本政府に泣きついたところで何もしてもらえないことは火を見るより明らかです。

このように将来のことについて個人が自力で何とかしなくてはならないのが、日本社会の現状です。多少、下衆なお話に飛躍しますが、結局は、お金すははち資産が全てなのです。

よく「人間はお金ではない、愛情が全てだ。」と綺麗言を語る方もいますが、そんなことを仰る方のほとんどが十分に資産がある方です。資産面で余裕があるがために、副次的に愛情だの親切心だのボランティア精神といった崇高な所作を真剣に考える余裕が生まれるわけです。資産が十分にない人に、そのような崇高なことを考えられるような余裕などは生まれる筈もありません。

これで資産形成がいかに重要であるかについてある程度認識頂いたと理解しますが、将来の資産形成のためにどんなことをすればよいのでしょうか。おそらく勤勉な日本人の多くは貯金・貯蓄が王道であると考えるかもしれませんが、そんな考えでは資産がどんどん目減りしていきます。

確かに利子はつきますが、その利率以上に日本円の価値が下落しているからです。ぜひ投資しましょう。投資という仕組みは200年ほど前にフランスで機能し始めて以来、堅実かつ安定的に機能しており、向こう30年もきちんと機能することはほぼ間違いはありません。

株式、債券、コモディティ、仮想通貨など投資先は世の中に多々存在しますが、一体どれを選べばよろしいのでしょうか。「投資先として仮想通貨だけはあり得ない。」との根拠のない理論が皆さんに自然と身についていませんか。また、仮想通貨と聞いてビットコイン以外の通貨もきちんと思いつくことができますでしょうか。

ちなみにビットコインキャッシュという仮想通貨の存在は認識している方がどれくらいいるのかと言うのは重要になってくるのです。

このようなことを踏まえて、この記事では仮想通貨全般に対する誤解を解いていき、投資先として仮想通貨、特にビットコインキャッシュがオススメできる根拠等を解説していきます。

また、最後の方には、ビットコインキャッシュ投資を実践する際の心構え的なものについても触れさせて頂こうと考えています。この記事を読めば、皆さんもビットコインキャッシュ投資がいかに魅力的なものであるかを理解できるようになるでしょう。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは俗に暗号資産とも呼ばれ、ブロックチェーンという画期的な技術を駆使したネットワーク上で機能する通貨のことです。このブロックチェーンという技術はセキュリティ面で大変優秀であるとともに、中央的な管理者がいなくてもユーザー同士で互いに管理・監視し合うような仕組みのために、改竄や誤魔化しがほとんど不可能な仕様になっています。

仮想通貨の代名詞的存在であるビットコインは、数千ある仮想通貨の1種に過ぎませんが、それが占める時価総額の割合は仮想通貨全体の半分以上です。そのため、仮想通貨業界ではビットコインと「その他の仮想通貨(アルトコイン)」といったような分類がなさています。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の仕組みは?

皆さんは「仮想通貨=ビットコイン」という先入観をきっとお持ちでしょうし、それくらいビットコインは仮想通貨全体に対して支配的な地位や影響を及ぼしています。仮想通貨関連のニュースではビットコインしかほぼ取り上げられることがないですから無理もないかもしれまんね。

ビットコインキャッシュの仕組みは?

今回の記事でおすすめの仮想通貨であるビットコインキャッシュは、そんなビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨です。ハドフォークとは簡単に言ってしまえば、元の仮想通貨の仕様を基本としつつも、処理速度や掲載できる情報量などを変更することです。

少々具体的な点に触れると、使用するブロックチェン技術や発行上限枚数(約2100万枚)はビットコントほぼ同様であるものの、搭載できる情報量すはわちブロックサイズの大きさは約8倍も有しています。発行上限枚数やブロックチェン技術が変わらず、搭載できる情報量が約8倍ということを聞くと、感のよい方ならば、「ビットコインキャッシュの時価総額は、ビットコインのそれの約8倍であろう。」との予測が立ってしまうかもしれませんが、実際にはなんと「約70分の1」しかないのです。

ビットコインと基本的な仕様が同じで処理速度が向上しているにも関わらず、どうしてビットコインよりも圧倒的に時価総額が小さいのでしょうか。それは、知名度やブランド力がビットコインに比して圧倒的に弱いからです。しかし、最近ではこのビットコインキャッシュも大手の仮想通貨取引所等で売買されるようになってきており、知名度・ブランド力の差は少しずつ縮小しつつあります。

ビットコインキャッシュは儲かるの?

この仮想通貨についての基本を理解したら、いよいよ投資です。ですが、いきなりビットコインキャッシュに投資しましょうと言われても躊躇しちゃいますよね。そこでこの項目では、それぞれの観点でビットコインキャッシュの将来動向についてみていきます。

「希少性」の観点からの考察

貴金属のゴールド(金)の価格がどうして長期的に右肩上がりで推移できているのかというと、それは埋蔵量が決まっていて、しかも、1年間で発掘される量が埋蔵量に比して圧倒的に少ないからです。これと同じことがビットコインキャッシュにも言えます(当然、基本的に同じ仕様のビットコインにも言えます。)

埋蔵量すはわち発行上限枚数が約21万枚と決まっており、1年で発行される量は4年ごとに半数になるように機械的に調整されているからです。このため、ビットコインキャッシュも長期的に見れば価格が右肩上がりで推移していくものと推察できます。

「有用性やスケーラビリティ」の観点からの考察

既に触れた通り、ビットコインの約8倍の性能です。

「知名度・ブランド力」からの考察

知名度・ブランド力の差というものは、性能をある程度有するものであればそこそこ縮小してくるものです。

現在はビットコインに圧倒的な差をつけられていますが、性能 の優れた仮想通貨であるので、その差は将来的には格段に狭まっていくことでしょう。

有名な「ビットコイン将来価格予想」についての紹介

ビットコインキャッシュの将来動向について予想する際には、元の仮想通貨であるビットコインの将来動向について知る必要があります。

それはビットコインの将来価格予想そのものです。色々なアナリストが様々な予想をしておりますが、統計的・数学的に的を得ているとされる予想には「メトカーフの法則」と「S2Fモデル」の2つがあります。この2つの予想を参考にすると、概ね2028年〜2032年の間にはビットコインの価格は現在価格の15倍から20倍程度になるとの算段がつきます。

大胆予想!ビットコンキャシュの将来予想!

前に述べたビットコインの将来価格予想をもとに、ビットコインキャッシュについても予想してみましょう。

ずばり、2028年〜2032年の間にビットコインキャッシュの価格は現在価格の30倍から40倍程度と予想します。理由はビットコンとの知名度・ブランド力の差が現在の約半分程度に縮小されると考えるため、ビットコインよりも伸び率が2倍程度になると算出しました。

これはあくまでも筆者の予想に過ぎませんので参考値程度に捉えておいてください。最大限に価値が上昇した場合はこうなるのではないかと言う予想なので注意してください。

ビットコインキャッシュには夢がある

ビットコインキャッシュ投資には夢があります。全く投資をしないというのは非常に勿体無いです。

ビットコインへの注目度は高いので、その派生と言っても過言では無いビットコインキャッシュにも注目度が高くなるのは当然の事と言えるのではないでしょうか。

ビットコインキャッシュ投資の始め方

これまでの記事を読んでビットコインキャッシュ投資を始めようとされた方については、ある程度の心構えが必要です。僭越ながら、この心構えについて触れ、いくつかアドバイスさせていただきます。

個人的な経験に基づいての部分もあるので一概にこうとは言えませんが、実際に持ってみたからこそのアドバイスだと思ってください。

「余剰資金」または「資産運用ポートフォリオの一部」での運用

ビットコインキャッシュは、まだまだ価格が不安定な通貨で、この不安定というのは短期的には極端な暴騰や暴落をしたりするということです。

そのため、当面の生活に充当する必要のない余剰資金(最悪、失っても生活に困らないお金)で投資することおすすめします。

こうした余剰資金で投資することで、暴落の際にも精神的に取り乱すことなく生活を送ることができますし、運良く暴騰の方に傾けば望外の臨時収入を得ることができ予想以上の幸福感を得ることができます。

また、全体の資産運用ポートフォリオの5パーセント程度をビットコインキャッシュに投資するのが良いと言われていたりもするので参考までにどうぞ。

2028年〜2032年の間にビットコインキャッシュの価格は現在価格の30倍から40倍程度と予想します。」の前文を見てしまうと、全額投資したくなる気持ちは十分理解できますが、投資の世界に絶対はありません。

最悪の場合は価値がゼロになってしまう可能性だってあり得ます。このように万が一ビットキャッシュの価値がゼロになってしまった場合においても、他の95パーセントの資産がもたらす配当・利子でその分を補えるはずです。

そのようなことを踏まえて5パーセント程度にしておきなさいと提案させて頂きました。仮に筆者の予想どおりに40倍になった場合、たった5パーセントのポートフォリオでの投資であったとしても、資産全体を3倍にもすることができるのです。

基本的に長期投資(長期ホールド)、現物取引!

特に初心者の方は短期的な動向を見て動揺し、投資をやめてしまう方が多いです。そんな方に限って、「自分が売った瞬間に価格が急騰した。あのとき売らなければ良かった。」と後悔しています。

ビットコインキャッシュの短期的な価格動向の予想は大変難しいです。そのため短期の動向を見て一喜一憂するのは絶対に無駄です。長期的にどっしりと構える姿勢で臨んでください。

長期的にはゴールドと同じように右肩上がりになる可能性が圧倒的に高いのですから。

 

さらに最近ではビットコインキャシュについても信用取引と言ってレバレッジを掛けることが可能になってきました。

そもそもレバレッジとは価格変動を大きくするために行うものです。レバレッジを掛けないビットコインキャッシュの現物取引でも十分すぎるほど価格変動が大きいですので、特に初心者には信用取引はおすすめできません。

都合のよい情報に惑わされるな!常に不動心!

Youtubeやブログなどを見ると、「今からビットコインキャシュは暴落するので、一旦投資資金を全額引き上げましょう!」「ビットコインキャシュは今夜暴騰する可能性が200パーセント!だから全額投資しよう!」などと言ったような一見魅力的な情報が数多く並べられています。

考え方などを参考にするのはいいですが、鵜呑みにするのだけは絶対にやめてください。

このような魅力的と思えるような情報を陳列するのは、再生回数や広告収入を得る目的の場合が大半です。

しかしながら、「でも、このYoutuberさんは過去に何回も的中させているし、過去の動画の全てを見たけど予想を外したことがないので、私はこのYoutuberさんの言うことは100パーセント信用します!」と仰る方がいます。

投資の世界で一度も予想を外さないことは100パーセントありえません。このYoutuberさんはきっと予想を外した過去の動画はさっさと削除し、過去に的中した動画だけ残している可能性が大いにあります。このようなインチキ者の養分にならないように十分に気をつける必要があります。

仮想通貨の将来価格に関する主な予想

「結局、仮想通貨の将来価格はどうなるの?」が皆さんの最大の疑問でもあり関心事項でしょう。ビットコインを例に挙げて将来の価格予想モデルの一例を紹介します。

メトカーフの法則

「ビットコインの価格がそのネットワーク利用者数の2乗に比例する」ということを前提に算出した値です。これでいくと、2032年頃にはビットコイン1通貨あたり1億円を超えるそうです。

ストックトゥーフローモデル

「ビットコインの価値が、すでに発行された総量と毎年新たに発行される量によって決まる」としたものです。このモデルだと早ければ2028年頃にはビットコイン1通貨あたり1億円を超えるそうです。

初心者が仮想通貨投資をする際の心がまえ

仮想通貨に対する誤解も解け、将来のビットコイン予想価格に驚いた皆さんの中には、「よーし、仮想通貨に全額投資だ!」と意気込む方もいらっしゃることでしょう。仮想通貨投資を進めておきながら、私個人としては仮想通貨に全額投資することには大反対です。なぜならば、世の中に絶対は存在しないからです。

100%絶対は存在しない

もしかしたら、ビットコンの2028年の価格が1億円ではなく、1円以下になっている可能性もゼロではないからです。

では、どのように仮想通貨に投資すればよいのでしょうか。それは、全体のポートフォリオの2~5パーセントを仮想通貨に投資、しかも長期投資してホールドしておくのをオススメいたします。

これは、仮想通貨投資分が万が一すべてゼロになったとしても、残りの95~98パーセントの資産がもたらす配当・利子でその分を補えると考えるからです。

また長期的に保持することをオススメするのは、仮想通貨のようなボラリティが大きい資産は、確率統計的に考察すると、長期的に急伸する可能性が大きいためです。

まとめ

この記事を読んでいただいた一人でも多くの方が、有意義な仮想通貨投資の機会を得るチャンスに巡りあうことができれば、これに勝る喜びはありません。

仮想通貨投資を通じて、皆様の生活がより素晴らしく生き生きとしたものになることを願ってやまないのは事実なのですが、ビットコインキャッシュはアルトコインでもあるので、価値の上下が激しかったり、一部の大口取引で大きな価値の変動が起こってしまうと言うリスクもあります

ビットコインキャッシュを利用して取引をするのならビットコインキャッシュについて知っておかなければならないと言う事は覚えておいた方がいいでしょう。

  • ビットコインとビットコインキャッシュの価値は密接な関係
  • ビットコインキャッシュで投資をするなら知識は必要
  • 短期的よりも長期的に考えるといい

あくまでも予想ではありますが、ビットコインキャッシュは数年後に数倍~数十倍まで価値が上がる可能性を秘めている仮想通貨・暗号資産でもあり、「リスク」もあると言う事は覚えておいた方がいいでしょう。

非常に高い確率でビットコインキャッシュはビットコインの価値と一蓮托生と言った傾向にある暗号資産とも言えるのでビットコインの価値の変動やニュースにも注視しておいた方が良いです。

面白いcoinであるのは間違いないので、是非ビットコインキャッシュには興味を持ってみてください。

ABOUT ME
禅のロブロイ
仮想通貨・暗号資産のリスク観察隊長を自称しています。何度かの暗号資産バブルを経験。今では値動きする毎に一喜一憂する事無く、達観して価格変動を見る事が出来るようになりました。暗号資産は投資として考えると胃が痛い。
もう取引所でアカウント登録は済んでいますか?

暗号資産の取引所選びって、
どこがいいのか迷っていませんか?

日本国内で一番多い取扱暗号資産が多いのがcoincheck

積み立て、IEOなど様々な形で暗号資産を取り扱える

無料でアカウント登録可能

coincheckでアカウント登録する

関連記事